色々あるよ、ランナーさんが着けてるマスク

ランニング
スポンサーリンク

どうも、タクティビティのタクです。このコロナ禍みなさんいかがお過ごしでしょうか。巣ごもりや在宅ワークで運動不足になりがちですよね。その影響もあってか、例年に比べて街中にはランナーがかなり増えたように思います。しかし、ランニング中は呼吸からもウイルスが漏れていて、結構な広範囲で拡散しているとう情報もあります。なので、ランニング中もマスクをしましょうというのが、暗黙のルールになっています。私自身も、4月上旬ごろまではマスクをしないで走っていましたが、この情報を知ってから常にマスクをして走っています。ただ、最近はマスクなしのランナーさんも結構目立ってきましたね。

さて、ランニングをしておられるみなさんはどのようなマスクを着けて走っていますか?すれ違うランナーさんを見かけるとついついマスクをしているかチェックをしてしまうのですが、色々なタイプがいますね。この記事ではランナーさんがどんなマスクをしているのか整理してみたいと思います。ランニング中のファッションにもこだわるランナーさんもいると思うので、ご自身に合ったタイプが見つかるといいですね!

通常のマスク

やはりこれが一番多いような印象です。私自身も通常のマスクを着けて走っています。お手軽で、ランニング中もズレたりすることがないという事がメリットでしょうか。反対にデメリットは貴重なマスクの消費量が増えるという点、呼吸による湿気でマスクが濡れてくると口や鼻に密着しすぎて苦しくなるということです。私はランニング後の使用済みマスクは洗って使っています。

バンダナ

こちらもたまに見かけます。バンダナを口元に巻いて走るタイプです。自分の好みに合わせてファッション感覚で楽しめますよね。一方、結び目がほどけてランニング中に取れてしまいそうです。また、ウイルスを拡散したり吸い込んだりしてしまうリスクは通常のマスクと比べて高いような気がしています。

手作りマスク

手作りマスクを着けて走っているランナーさんは見かけたことがありませんね。手作りマスクは自分で作るか、手作りのものを買うか、の2択だと思いますが前者は手間がかかる、後者は高価になりがちです。なので、手作りマスクを装着して走っている方は全体的にも少ないのではないでしょうか。もし、素材を工夫してランニング中にも苦しくならず、デザインもおしゃれ、洗って繰り返し使えるランナー専用マスクがあったら飛ぶように売れると思います。

金哲彦さん流手作りマスク

最後はちょっと番外編ですが、GWに入る前ごろでしょうか。金哲彦さんが1本の動画をアップしてました。それは、使用していないランニングTシャツで手作りマスクを作るというもの。動画を見ると、過去のマラソン大会で参加賞としてもらったものの、使っていないTシャツを裁断して簡単にマスクを作る様子が見て取れます。何よりもエコですし、ランニング用のTシャツは吸汗速乾性に優れていますので、もしかしたらこれが一番良いのかもしれません。用意するものはTシャツとはさみです。はさみは多分裁ちばさみのようのものが良いと思います。

ランニング用マスクの作り方(新型コロナウィルスCOVID-19対策として)

まとめ

色々な種類のマスクがあるなかでどれが一番ランナー向きなのでしょうか。私的には、手間がかかりますが手作りで速乾吸汗性にすぐれた手作りマスクが一番良いのかなと思います。金哲彦さんのやつは手軽ですが裁断面とかが雑になりそうなので見た目にこだわる方には向かないかと(^^;)ちなみに、手作りタイプは通常のマスクと比べてもやはりマスク効果が薄れるのでキッチンペーパーを中にかませると良いようです。是非自分流のマスクを探してみてください!

コメント